夕暮れの珈琲

アクセスカウンタ

zoom RSS Nikon 80-400mmED VRでの鳥撮り

<<   作成日時 : 2016/05/30 14:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 5

朝夕のワンコの散歩は鳴瀬川に連れて行って放してやります、ノーリードですが広い所だし家も近くに無いので誰とも遭遇しません、猟期になると他の猟犬と遭遇する事になるので場所を変えます。
Nikon D7100に旧型80-400mmレンズを付けての鳥撮りですが散歩がてらの撮りなんで3脚は持って行きません、D90からD7100に替えて撮る楽しさが何倍にも膨れました、ローパスフィルターレスの高解像度と6000×4000の画像素子のお陰で400mmがあたかも2000mm級の望遠で撮った様に写ります、D90では鮮明さに欠けていました。
じっくり腰を据えて。。なんていう撮り方はワンコが許しません、常に歩いていないとキャンディに “ 早く先へ進もう ” って催促されます。

ヒバリは案外簡単に撮れる鳥ですがスズメほどの大きさなので望遠で撮らないと良く見えません。
画像
夕方での逆光じゃなければ綺麗に撮れただろう、正面のは滅多に撮れません。

画像
キャンディが先行で歩いているとヒバリが飛び出します

画像
子育ての最中で大概虫を3匹ぐらい咥えています、巣に戻って1匹づつ分け与えるのでしょう。

画像
飛び立ったのをファインダーに捉えるのが難しい、捉えてもAFが合う頃には後ろ姿です。

川際の葦ではオオヨシキリがこれまたうるさい、スズメと同じ大きさの鳥なのに遠くまで届く、人間が大声を出したってオオヨシキリには適わないです。オオヨシキリは近くで鳴いているけど葦の中なので中々姿を見る事が出来ません、分け入っても逃げられますから撮るのが難しい。
画像


上空にから川魚を狙うミサゴを良く見掛けます、大きい鳥なので遠くからでも鮮明に撮る事が出来ます、一見トンビと見まごうシルエットですが凛と伸びた長い翼での飛び方に特徴があるのでミサゴと分ります
これもホバリングからダイブして魚を掴んで飛び出すまでの一連を撮りたいのですが近くでの狩りは撮れていません。
画像
 高度50mぐらいから魚に狙いを定めてダイブ開始直前です。

画像
残念狩りは失敗でした、見ていると中々獲れないののです。

ノスリは野鼠でも狙っているのでしょう、しかしカラスに追い掛けられてるのが結構見られます、せっかく目の前で狩りを始めたのに。。カラスは憎たらしい鳥だね、ミサゴも良く追い掛け回されています。
画像

画像


チョウゲンボウ、これもホバリングからの狩りが見られます、この日は遠くでホバリングをやっていました、ハトと同じくらいの大きさなのにハトを捕まえて食べるんだから獰猛な鳥なんですね。
画像
野鼠かヒバリを狙っているのでしょう、ダイブ寸前です、遠過ぎました。

画像
上昇気流の中に入ってのソアリング、目いっぱい翼を広げています。

画像
ツバメの飛翔を撮るのは難しい、ファインダーで捉えて撮るには画角が広くするか遠くのヤツですから小さくて鮮明さに欠けます。近くを飛び去るのを撮るためにピントを5mに固定して飛んで来たツバメにレンズを向けてシャッターを押す ”まぐれ撮り” 方式で撮りました、4百数十枚撮った中にたった1枚だけ綺麗に撮れているのがありました。
飛びながら此方をしっかり見ている、そりゃそうでしょう ぶつかるもの(^_^;

画像
 キツネを見つけました、野性のキツネを撮ったのは初めてです、川原にもいるんですねェ、警戒心が強くて100m以内には寄れませんでした、三脚を据えて撮りゃ解像良く撮れただろう、残念。

12年も前の旧型80-400mm、最近発売された80-400mmは中々良い写りとの評判です、単焦点の解像には適わないけど80-400mmは守備範囲が広いので使い勝手は非常に良い、新型80-400mmとの写りの比較をネットで見ると違いが分ります、まあ比べなけりゃ旧型でも良いと思う、ただAFの速度や手ぶれのVRの性能が上がったとの事、手持ち専門の我輩はVRの性能とAFの速いのが欲しくなります、でもなぁ23万円となるとチョッと手が出せません。

画像
先行して ”早く来てよ” って待っています。

画像
 自宅の庭の木にとまってくれた エナガ、 スズメよりも小さい 尾がひしゃくの柄の様に長いからこの名前、なんかもう少し “らしい” 名前の付け方があって良さそう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
鳥の写真を撮るのにキャンちゃんも一役買っているのですね!
それにしても よく小さいヒバリをあんなクッキリ撮れるものだと感心するばかりです。
動植物は精密に無駄なく美しく、そして生き抜く為に戦って…
身近なところの自然にも畏敬の念を抱く写真です。死んでいくのも一つの役目なんですね。

キャンちゃんはのびのび散歩、贅沢です♡
もし、キャリをそこでフリーにしたら、嬉しすぎて夢中で駆け回り、気づいたら迷子になっていて焦るでしょう(^^;;
キャリかあ
2016/06/01 10:40
鳥の写真を撮る元気が出たんです、撮り歩くのは結構腰に来ます、望遠レンズを付けたカメラは重いですから車に戻るのが辛くなる時もあります、戻る方向に鳥がいるとスタスタ元気良く歩けるんです(^^;

単に散歩しているだけだと自然の営みが感じられないですがカメラを通して見ているとみんな必死に生きているんだなぁ・・って目の当たりにする事が出来ます、ヒバリなんか草むらに入って虫を捕まえている、良く虫が探せるもの って関心します。

小鳥達がつがいでヒナを育てる。。って言うのが不思議に思うのです、♀なら分るけど♂まで一緒になって子育てですよ、餌の与え方も偏らずに順番にやっているのが不思議です。ワンコの♂なんて素知らぬ顔って言うか我が子を認識出来ないでしょう。

自然界の鳥を見ていると鳥かごに入れて飼われているのが凄く可哀想になってしまいます。ワンコも同じだね、鎖で繋がれて散歩もさせられないでいるのを見ると可哀相、暑い時なんか見ると胸が張り裂けそうです。

今朝撮ったキツネとエナガの写真を追加しました、キツネが散歩する原っぱにいるのに驚きました、野生のキツネを見るって滅多に無い事だし撮る機会に恵まれて興奮しました、早朝の散歩の褒美でしょう ニコニコ

キャンディなんぞ散歩から帰って御飯も食べないでゴロンと寝ています、3時までグッスリ寝ていましたよ、4時半頃になったら 「ねェねェ行こうよ。。」って散歩の催促するでしょう。
yokoyama
2016/06/01 15:17
鳥を撮る元気が出て良かったですね(^^)
スタスタ鳥がいる方へ歩けて何よりです(*^^*)
鳥類はツガイで子育てしますよねー。ペンギンなんてパパミルクまで与えて、2か月くらい飲まず食わず…
ワンコは♂ 自分の子も分からないですよね(^^;;
熊も…
不思議ですね、生き物は。。。

キャンちゃんはごはんも食べずに帰ったら寝ちゃうんですか〜(^^;; 食が細いんですね。
1日中起きてる子より、よく寝てる子の方が長生きすると思っています(^^;; 先代たちもお留守番で昼寝もたっぷりでした。
生き物の生涯の心拍数はある程度決まっていて、それが寿命だと何かで見ました。なるほどなぁ〜と思い、キャリのチャリ引きもなるべく減らしています。心拍数を上げないように(^^;;

生き物は睡眠時間と程よい筋肉運動が欠かせないですよね。
yokoyamaさんもたくさん寝て、筋肉も使って元気元気でキャンちゃん、ハナちゃんと楽しんで下さいね〜♪♪
私も食事より睡眠、キャリとの運動を心がけています(^^;;

キャリかあ
2016/06/03 08:40
エナガの写真、庭でなんて凄いです!綺麗に撮ってもらってエナガも幸せですね〜♪
キツネもエナガも活き活きしていて、緑に映えて、目ヂカラまで感じます。yokoyamaさんのシャッターチャンスを捉える能力は天性ですね。かっこいいです☆
キャリかあ
2016/06/03 20:25
>生き物の生涯の心拍数はある程度決まっていて、それが寿命だと何かで見ました。

その様に昔から言われていますね、限界まで体力を使ってやるスポーツの世界の人に長寿は少ないみたいです、稽古で負担を掛けた上に体重を増やして心臓に負担を掛けていますからねェ
自分はスポーツは苦手でマラソンなんて考えられません、長時間苦痛に耐えながら走るなんて理解出来ないです、若い頃だって500mも走ったらゼイゼイ言って走れなかったです、体の造りが違うのでしょう。

ゴールデンレトリバーは先天的に股関節が弱いと言われています、だからフリスビーをやらせるのは程々にって言われました、友人のところのゴールデンはジャンプしないでキャッチ出来る様に投げてやっているそうです。
キャンディ2世は股関節が悪いですよ、股関節が悪いワンコの歩き方は「モンローウオーック」で歩くのだそうです、腰から後ろをクネクネさせて色っぽい歩き方をするんだって(^^;

>シャッターチャンスを捉える能力は天性ですね

褒めたりしちゃ駄目ですよ、益々その気になってのめり込みますから(^^)
いやいや鳥撮りが趣味の人達って凄いですよ〜、チョイ撮りの自分なんぞとても適いません、なんでも「その道」って奥が深いものです
そんな方々のブログに上手く撮れたのをアップして褒めて貰うのが嬉しいのです、チョコマカ動いて中々撮れないエナガは褒められました、それと飛んでいるツバメを撮るのが難しいのです
趣味がいっぱい有るんで毎日忙しいです。
yokoyama
2016/06/04 01:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
Nikon 80-400mmED VRでの鳥撮り 夕暮れの珈琲/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる